ブログ

LocalbyFlyWheelの開発サイトを共有する【本番化不要】

2020-09-15

Local by FlyWheel

こんにちは、レイです。

Local by Flywheel(ローカルバイホイール)で、WordPressサイトを作った場合、「お客様に見せたい」「友達に見せたい」という事があると思います。

通常は、公開用サーバーにアップロードして見てもらうところですが、Local by Flywheelではアップロードなしで共有できるので今回はその方法を解説します。

Local by FlyWheelの開発サイトを共有する

Local by FlyWheelの開発サイトを共有する手順はこちら
  • Live Linkボタンでリンクを有効化
  • URLに「https://」を付加する

step
1
Live Linkボタンでリンクを有効化


Local by Flywheel_LiveLink_001

サイトがStart状態であることを確認して、下部の「Live Link」ボタンをクリックします。すると公開用のURLが発行されます。

Copyボタンでリンクをコピーできます。しかし、このままだとhttpアクセスになってしまうため、httpsに変更しましょう。

step
2
URLに「https://」を付加する


Local by Flywheel_LiveLink_002

メモ帳などのテキストエディタ上でhttp⇒httpsにして、アドレスバーに貼り付けしてアクセスしてみましょう。鍵付きになっていればOKです。※Chromeの例

Live Linkが有効になっている間のみ、アクセスが可能になります。

httpのままだとセキュリティ面の甘いエンジニアだと思われるので、注意しておきたいですね。デフォルトでhttpsにしてほしいのですが、アプデ待ちです。

Local by FlyWheelの開発サイトの共有を停止する

Local by FlyWheelの開発サイトの共有を停止する手順
  • Live Linkボタンで吹き出しを表示する
  • Disable Linkボタンで無効化する

Local by Flywheel_LiveLink_003

※注意点として、共有リンクURLは発行する毎に変わりますので、一度停止したリンクは使えません。

今回は、Local by FlyWheelの開発サイトの共有リンクについて解説してきました。本番環境にわざわざアップロードせずとも、確認してもらえるのは便利ですね~。

-ブログ
-

© 2021 ReiCodeBlog